太陽光発電のソーラーフロンティアを徹底調査!

つづいて、太陽光発電システムのメーカーとしては、やや知名度が落ちるところかもしれませんが、特徴のあるメーカーですから、ソーラーフロンティアについて注目してみましょう。
太陽光発電では、東芝、三菱、sharp、京セラ、パナソニックなどが、とくに知名度の高いメーカーとなっています。
ソーラーフロンティアはそれらに次ぐ存在のメーカーといえますが、太陽光発電システムへの研究は積極的に行っており、独自の技術も多数もっています。
1993年からCIS薄膜系太陽電池の研究をはじめた同社は、2006年に本格事業化、昭和シェル石油株式会社の100%子会社の会社としてスタートしています。
もっとも大きな特徴は、他のメーカーがこぞってシリコンを主要原料としているなか、それを用いない化合物系のパネルを製造しているという点にあります。
太陽光発電システムは、昨今急激に注目を集めるところのものとなっており、原料となるシリコンの供給不足も心配される事態となることも考えられます。
そうした場合でも、ソーラーフロンティアであれば、供給不足の心配なく、安定した製品供給を続けることが可能とみられているのです。
このソーラーフロンティアの太陽光パネルは、国内メーカーの業界で初めて、出力保証20年をつけています。
長年使ってこそお得になる太陽光発電ですから、この長期にわたる安心保証はうれしいものとなりますね。
詳しい内訳で言うと、10年目までは最大出力の90%を保証、11年目から20年目までは最大出力の80%を保証するとしています。
そして、この独自のCIS薄膜系太陽電池の大きな強みがひとつあります。
それは、影に強いということです。
銅、インジウム、セレンを原料とした化合物半導体を発電層に使っているため、たとえ一部分が影に覆われることがあっても、全体として大きな電圧低下を起こすことはないのです。
そのため安定した発電性能を発揮できるという大きなメリットがあります。
シリコンのタイプに比べ、やや発電効率が落ちるともいわれますが、この安定性から、CIS薄膜系太陽電池こそ、次世代の太陽電池とされることもしばしばです。
注意したい点としては、やはりやや発電効率が現状では劣るため、ある程度広い屋根・設置スペースが確保できるケースに向いています。
設置可能な面積を勘案して、自分の場合にあっているかどうか、判断するようにしましょう。