大阪で太陽光発電に挑戦です

大阪のはずれで家を建てることになりました。
さすがに関東の中心から比べると土地代も安く感じますが、それでもかなり高いものなっているのでした。
そんな新築の家、勧められたのが太陽光発電の家でした。
オール電化の家にすることで、環境に優しい家つくりになるとも指摘されたのでした。
この自然再生エネルギーを使うことは、確かに時代にマッチしていると思いました。
特に関西電力は、原子力エネルギーに頼っていることから、ますます電気料金も高くなると言うのです。
そんな電気料金を抑えることが出来、更には売電も出来るとなれば、一石二鳥になると言うのでした。
設備をする費用は、確かに高くなります。
ですが新築の家ですから、あとで設置することを考えると無駄がなく、安く設置出来ることにもなると言うのでした。
この太陽光発電の一番のメリットは、自分で電力を作り、自分で使えることにあると思います。
このことで、高くなった電気料金を抑えることも出来るのでした。
また節約が言われている電気量の助けにもなっていると思うのです。