注目のハイブリッド型太陽光発電

脱原発が今の日本のキーワードのようになってきていますが、
個々人でも太陽光発電のような自然エネルギー発電への変更を
選択されているご家庭が増えてきております。
現在太陽光発電はシリコン(ケイ素:Si)という素材を使用したものが一般的です。
太陽光発電システムがどれも似たような形状をしているのはそのせいです。
今後、様々な素材を使用した太陽電池が販売されることになると思いますが、
現状シリコンを用いた素子が一番安定的に生産する子ができ、
不具合等の問題も少ないのが現状です。
シリコン系太陽電池といってもいくつか種類があります。
これまでは単結晶シリコンを使ったものか、多結晶シリコンを使ったものかという
違いで販売されていましたが、最近ではハイブリッド型と言って、
結晶シリコンとアモルファスシリコンが組み合わさった太陽電池が注目を集めています。
ここで、単結晶とはケイ素原子がダイヤモンドと同じようにいつまでも乱れることなく綺麗に並んだ状態のことをいいます。
また多結晶とか部分的にはケイ素原子がダイヤモンドと同じように綺麗に並んでいるのですが、綺麗に並んでいる領域が数μm程度になっており、それらの領域の向きがバラバラにひっついている状態をいいます。
小さな単結晶の集まりが多結晶です。
またアモルファスとはケイ素原子が規則性なくランダムに密集している状態をいいます。
このように同じ元素でもその並び方が違えば性質が大きく違います。
太陽光には様々な種類の光が含まれていますので、
それぞれの利点を組み合わせることで今まで以上に様々な光を発電に利用できるようにしたのがハイブリッド型です。
これは熱にも安定的であると言われており、現在おすすめの太陽光電池です。