都市部の住宅に適した太陽光発電システム

太陽光発電システムの購入を検討中の方は、国産メーカー品がいいのか、輸入メーカー品がいいのか、メーカーの選定に迷うことがあるでしょう。
日本の一般住宅は国土が狭いため、都市部は特に土地が狭く、狭い土地を最大限活用できるよう家の設計に工夫を凝らしているケースが多いのが現実です。
住宅設計が単一化されていないため、屋根の形状が住宅によりまちまちで単純に規格化された海外メーカーが製造する輸入品のソーラーパネルの設置が難しい家もあるでしょう。
関西の中心都市大阪は狭い土地に住宅が密集していますから、特に住宅の形や屋根の形状が一軒一軒異なります。
日本の太陽光発電システム製造メーカー各社は、大阪のような大都市圏の住宅でもソーラーパネルを屋根に敷き詰める事ができるよう、様々な大きさ、形のソーラーパネルを用意しています。
どれほど発電能力の高いソーラーパネルでも、屋根の全体スペースの半分程度にしかパネルを設置できなければ、十分な発電は期待できません。