太陽光発電システムを選ぶ

太陽光発電は太陽光を電気エネルギーに変える発電法です。
単に、太陽光発電といってもメーカーによって
その種類や発電効率やそして値段も大きく異なります。
また太陽との関係で発電する自然エネルギーですので、施工方法によっても大きく異なってきます。
太陽電池にはいくつかの種類があります。
現在はシリコン(Si)という素材を使用した太陽電池が主流なので、
太陽電池と聞くと青黒いソーラーパネルを思い浮かべる方が大半だと思います。
研究開発レベルでは違った材料を用いた太陽電池も現在研究中ですので
そのうち形状の全く異なった太陽電池が登場するかもしれません。
またシリコンを用いたものでも、
現在一番発電効率が高いとされているのが単結晶タイプです。
電池にはシリコン原子が規則正しく整列した単結晶基板が使用されています。
我々が使用している電化製品に入っている半導体も大体がこのシリコンを使用しています。
しかしながら、このように原子レベルで綺麗に並んだ単結晶を作成するのには
技術的に大変ですので、製造コストが高いという問題があります。
また、単結晶に対して多結晶タイプの基板を使用したものもあります。
多結晶でも原子が綺麗に並んでいるのですが、
綺麗に並んでいる領域が狭く、その狭い領域がぶつかり合って大きな基板になっているものです。
電気とは電子の動きなのですが、このようにごちゃごちゃしている中を動く場合
は綺麗に並んでいるところを動く場合に比べて動きにくいので、
発電効率が単結晶に比べ劣ります。
一方で単結晶に比べ製造コストは安く済むメリットがあります。
また最近の太陽光電池では基板の両面から発電するハイブリッド型という
ものが販売されています。
これは通常よりも発電量が高くなりますが、製造コストも高くなります。
また通常の太陽電池に比べて高温に強いという面がありますので、
現状性能としては一番オススメの発電システムになります。